筑波大学の生徒さん

 先日、筑波大学の生徒さんが、生地を訪れられました。話を聞くと人文地理学の生徒さんで、黒部川扇状地の歴史・文化、漁業、農業、地形と色々な分野で調べているとのことでした。丸中水産・北洋の館では、社長が漁業について熱く語っていました。その後、まち歩きをされました。研究結果を知らせてもらい、漁業の将来につながればいいなと思います。
 またJICA(今回は英語圏の方)の方も生地に訪れられ、漁業について社長が応対したそうです。また市場見学もされました。P1010258.JPG