まち歩き五七五 5月号

隣町入善の杉沢の沢杉(国指定の天然記念物)の林の中に新種の桜が発見され

入善乙女キクザクラと名付けられました。

すぐ近くで農業を営む句友から「咲いたよ」の一報をもらい仲間4人で見に行きました。

 

 咲いたよと句友の一報キクザクラ        恵子

 感動に出会う杉沢菊桜             菊枝

 にぎやかに新種の桜見上げおり        憲子

 百枚の菊咲き花に魅せられて        捷子

 掻き終えて代田一枚漣す           かつし

 

まだ咲き初めの頃でほとんど白に近いボンボンのような可憐な花でした。

日が経つにつれて少しずつ色づき濃いピンクに変わるらしいです。

 

 まぼろしの越の湖あたりかげろえり      かつし

 かげろうの中を出船の波の音         貞子

 新学期水田に響く応援歌            弘和

 峡谷の一番奥の夏がすみ           とおる

 初夏の海の匂いは汝が匂い           〃

 

今年は冬が長く、初めの頃は寒い日が多い春でしたが

連休近くに急速に暖かくなり暦の上では立夏です。