まち歩き五七五 3月号

3.11 東日本大震災から一年、2:46 家で静かに黙祷していました。

 しばらくの四温晴こそ地震の地に    貞子

 

 啓蟄や雉ご一行様お成り         憲子

 電線に雀の音符四温晴れ         〃

 早春の光となりて川流る         晶子

 ミニ体操ガニマタでいいうららな日     捷子

 春の猫誘いし風に逆らえず        すみ子

先週末うららかな陽気が数日続きこのまま春かと思わせていきなり

雪の週明けでした。

 日めくりをまとめてめくる余寒かな     かつし

 春嵐ふり向きもせず行きにけり      恵子

 

それでも春の淡雪、すぐに溶けて日が射せば花壇のパンジーも色を増しています。

そろそろ旅心を誘われる、観光バスを見かけるようになりました。

近所の釣り好きから大きな「にぎす」を頂きました。

塩焼きとフライにしました。とてもおいしかったです。

この辺りでは「春告げ魚」とも言われ今が一番美味しいのです。

おいしい魚と水が待っています! 生地にこらーれ。

 

追伸  コミュニティセンターに投句箱が置いてあります。

     皆さんの一句をお待ちしています!