まち歩き 五七五 9月号

秋漁へ発つ日本海のひろがりに          とおる

総身のふくらみ落つる秋日かな                 〃

青空の赤とんぼ追う飽きもせず           悦子

刈田の香どこまで続く米どころ           晶子

古傷を思い出しおり虫の声             憲子

 

日中は真夏のような残暑にうんざりしていても

日暮れになればそこここに秋の気配がしっかり

油断すると夏の疲れが出るころかもしれません

今月は連休が2回続きます、くれぐれも体調には気を付けてください。

 

横書きに馴れて傘寿の敬老日           とおる

敬老日元気に老いる十箇条            菊枝

 

来週は敬老の日です

生地の清水の味も爽やかさがひときわ引き立つようになってきまた。