8月11日の新聞の記事

 8月11日の新聞の記事に、北前船「みちのく丸」が富山新港に入港したことが書かれてあった。この生地にもあったであろうその雄姿をうかべた幻の越の湖の歴史を彷彿させる。

 生地村が生まれた1200年代半ばから1800年中頃まで天然の港として活躍した越の湖の歴史は、今だ未知の部分が多い。